NISK 3つの強み
  • 1. 私たちの仕事
  • 2. 私たちの風土
  • 3. 私たちの仲間

私たちNISKの強みを、「仕事」「風土」「仲間」という3つのキーワードでご紹介します。

1. 私たちの仕事

システム開発を通じて「社会貢献」。

私たちNISKは日新火災という損害保険会社のIT部門として、システム開発・運営全般を担っています。損害保険を広く普及させ社会に『安心』を提供する、これが保険会社の使命です。私たちはその損害保険がきちんと提供される仕組み(システム)を構築することで、広く社会に『安心』をお届けしています。
システム開発を通じて「社会貢献」を実感することができる。それが私たちの仕事です。

損害保険の根幹を支えるプロフェッショナル。

お客さまのリスクに応じた保険へのご加入、適正な保険金のお支払いなど、現在、損害保険会社の事業運営は、各種のシステムがないと成り立ちません。私たちは、ITスキルだけでなく、損害保険の商品知識や業務知識も身につけ、つねにお客さまの立場に立ったシステムを作っています。
NISKは損害保険の根幹を支えるプロフェッショナルなIT企業です。

日新火災のIT部門として。

NISKは日新火災100%出資のユーザー系IT企業です。ユーザー系のメリットは、自分たちが開発したシステムを利用しているユーザー(お客さま)の顔が近くに見えること。仕事のやりがいを実感できます。
そして、NISK社員に求められるのは「どんなシステムを構築するか自ら考える姿勢」。日新火災のIT部門として、仕事は幅広く、プロジェクトのスタートからゴールまで全ての開発工程に関わることができます。得られる達成感は、他社にはない魅力です。

2. 私たちの風土

自慢は、「風通し」の良さ。

NISKでは、全社員がキャリアやポジションに関係なくひとつのオープンなフロアで一緒に仕事をしています。余分な間仕切りもなく、気軽にコミュニケーションをはかることができます。また、社員主導の各種イベントや、ゴルフ、ボウリング大会など懇親の場が多く、仕事を離れた交流も盛んです。
“お互いの顔が見える”この風通しの良い環境が、先輩・後輩に関係なくお互いを尊重し、気軽に相談し合える、そんな良いコミュニケーションのうまれるベースになっています。

社員の成長が会社の成長!

システムは設計からプログラミングまで全て「ひと」が作り上げるもの。だからこそ当社では「社員(ひと)の成長=会社の成長」と考えて、人材育成に力を入れています。さまざまな研修制度に加え、全社員参加の全体会や、グループ会社、代理店への訪問など、視野を広げ成長する機会をたくさん用意しています。
社員はこのような全ての取り組みをスキルアップのチャンスととらえ、日々、成長しています。

地域に根ざした落ち着いた環境で。

私たちの事業所は日新火災のさいたま本社。転居をともなう「出向」や「派遣」はありません。地域に根ざしたIT企業として、落ち着いた生活環境で仕事に打ち込むことができます。
安心して長く働くことができる、これもNISKの魅力の一つです。

3. 私たちの仲間

約180人、NISKという一つのチーム。

NISKの社員は全部で約180人。社長から新入社員まで、顔や名前のわからない社員がいない会社です。この規模感だからこそある結束力や一体感は、NISKならではの魅力、自慢です。
私たちは、個々の活躍だけでなくNISKという一つのチームとして、120%の力を発揮しています。

平均年齢約36歳、男性も女性も同じ活躍。

平均年齢は約36歳、男女比は3:2です。もちろん男女の差なく、技術や知識を身につけて働いています。努力しだいでは、入社後数年で設計・企画・提案などの上流工程を担当するチャンスがあり、20代で大きなプロジェクトを任されることも。約4割を占める女性社員も職場の中心となり活躍しています。
人も会社もまだまだ、伸び盛りです。

文系出身者約50% 文系・理系はこだわりません。

意外かもしれませんが、NISKで活躍する社員の約50%は文系出身者。実際に文系出身でSEとして活躍している社員が数多くいます。プログラム言語やコンピュータの仕組みなどの基礎的な知識は、入社後の研修が用意されているので誰にでも習得できます。
私たちの仕事に必要なのは、何が求められているかをきちんと聴き取り、システム技術で実現する力です。そのとき大切なのは、これまでに培われてきたコミュニケーション力や創造力。文系、理系に限らず双方の長所を生かすことができる環境です。

^ ページの最上部へ戻る